オーストラリア留学&ワーキングホリデーサポート

職業教育訓練(VET)
Vocational Education and Training (VET)

 

オーストラリアでは、Australian Qualifications Framework (AQF) と呼ばれる教育資格システムに基づき、各学習段階において共通で一貫した資格を付与する資格認定制度を導入しています。AQF では以下の3部門において、学習レベルに応じた資格を定めています。

  • 学校部門 Schools Sector
  • 職業教育訓練部門 Vocational Education and Training (VET) Sector
  • 高等教育部門 Higher Education Sector

 

この中で職業教育訓練(VET)部門では、各産業界の様々な分野において実践で役立つスキルを身につけるための多様な専門コースをそろえています。オーストラリア政府(Department of Education and Training)の統計資料によると、留学生の年間のVETコースの入学数は14万人を超えています(2015年)。またワーキングホリデーを終えて帰国した後に、学生ビザを取得して再びオーストラリアに戻ってくる人が年間4,642人だったそうですが、そのうち約6割はVET部門のコースを受講しているとのことでした(移民局レポート 2014/2015年)。

 

一般的にVETコース(専門コースとも呼ばれています)で学ぶ学生は、以下のような理由からこの進路を選んでいます。

  • 中学または、高校卒業後、就職前に各専門分野での実践的なスキルを習得するため
  • 中学または、高校卒業後、大学進学以外の進路を選んだ
  • すでに就職しているが、キャリアにつながるスキルを習得するため
  • 大学卒業後、就職前に実践的なスキルを身につけるため
  • 個人的な趣味や興味の延長

 

専門コース(VETコース)を開催する教育機関

Nationally Recognised Training Logo

オーストラリア政府に認可された専門コース(VETコース)はを開催する教育機関は、国の監視機関である Australian Skills Quality Authority (ASQA) のもと、教育の質が保証されており、RTO(Registered Training Organisation; 登録訓練機関)と呼ばれています。トレーニングコースと開催機関は Training.gov.au ウェブサイトのデータベースに登録されており、現在およそ5,000の機関が登録されています。

 


TAFE (Technical and Further Education)

TAFE とは公立の職業教育訓練機関で、そこで開催されるコースは大学のコースよりも実践的なものです。TAFEカレッジはそれぞれ独立して運営されており、キャンパスの施設やサイズは大学に匹敵するものもあります。中にはVETコース以外にも英語(ELICOS)コースを開催しているTAFEもあります。また、ビクトリア州などでは、大学に併設されたTAFEカレッジなどもあります。TAFEカレッジでは留学生を広く受け入れています。

 

オーストラリア首都特別(ACT)/キャンベラのTAFE

 

ニューサウスウェールズ州のTAFE

TAFE NSW (https://www.tafensw.edu.au/)

 

クイーンズランド州のTAFE

TAFE QLD (http://tafeqld.edu.au/)

 

サウスオーストラリア州のTAFE

TAFE SA (http://www.tafesa.edu.au/)

 

タスマニア州のTAFE

 

ビクトリア州のTAFE

 

ウェスタンオーストラリア州のTAFE

 

私立専門学校

VETコースを開催するトレーニング機関は、登録されているものだけでも5,000ほどあり、小規模なところでは、一つの専門分野に関するトレーニングコースのみを行い、大規模なところではTAFEカレッジに匹敵する規模の専門学校もあり、広範の分野のコースが開催されています。留学生が最も多く受講するコースは、ビジネスコースやITコースなどです。公立のTAFEと同様に、私立の専門学校も大学進学の通過点として受講する学生もたくさんいます。また、専門学校によっては提携する大学の講義を受講することができたり、学位が取得できる場合もあります。

 

セカンダリスクールのVETコース

オーストラリアのほとんどの高校では、VETプログラムも開催しており、学校教育の中で職業技能やVET資格などを取得することが可能です。

 

 

VETコースで取得できる資格レベル

政府認定校(RTO) が開催するコースで取得できる資格は以下のものです。それぞれのレベルにおける知識、スキルの習得要件については、Australian Qualifications Framework (AQF) の公式ウェブサイトをご確認ください。

AQF Levels
AQF Logo

Certificate I (AQF レベル 1)
目的  最初の仕事、継続学習、社会奉仕のための、基本的で実用的な知識とスキルの習得
知識  狭い領域の仕事や学習面における基礎知識 
スキル
  • 日常生活や継続学習のための基本的スキル
  • 限られた範囲の情報を受け取る、伝える、思い出すための認識、伝達スキル
  • 作業に必要な道具や通信機器を使用するためのスキル
知識/スキル適用
  • 決まった状況下の規定の範囲内において、ある程度の自律性をもって適用
  • 継続学習の準備、日常生活、初歩的な定型業務(グループ参加も含む)で適用
期間 6ヵ月~1年(AQFが見込む Certificate I の典型的なトレーニング期間) 
Certificate II (AQF レベル 2)
目的  主に定型業務を遂行、または継続学習の準備のための能力の習得
知識  特定領域の仕事や学習面における基本的、実用的、技術的、手続き的知識 
スキル
  • 多くの情報源から特定の情報を利用、記録し、行動するためのスキル
  • 数種の予測可能な問題に対して既知の解決法を適用、伝達するためのスキル
  • 簡単な定型業務を行うために数種の機器を使用する専門スキル
知識/スキル適用
  • 仕事、学習面での成果に対するある程度の報告義務と責任をもって適用
  • 平常時に日常業務達成のために限定的な自律性と判断力をもって適用
  • 日常の様々なチーム活動において限定的な自律性と判断力をもって適用
期間 6ヵ月~1年(AQFが見込む Certificate II の典型的なトレーニング期間) 
Certificate III (AQF レベル 3)
目的  技能職や継続学習における様々な状況下で広範囲の知識とスキルを適用する能力の習得
知識  ある領域の仕事や学習面における事実的、専門的、手続き的、理論的な知識 
スキル
  • 与えられた情報を解釈し行動するためのスキル
  • 予測可能な様々な問題や不測の事態に対して既知の解決法を適用、伝達するためのスキル
  • 専門家や非専門家に対して技術的な情報を提供するスキル
  • 定型業務やいくつかの非日常業務を遂行するための技術的なスキル
知識/スキル適用
  • 道具、サービス、代替手段の選択に裁量と判断力をもって適用
  • 定型業務、作業方法、作業手順、時間的制約に対して、知識とスキルを適応、または転移し活用
  • 仕事や学習面における成果に対する責任をもって適用(チームの一員として他のメンバーの成果に対して限定的な責任を負うことも含む)
期間 1~2年(AQFが見込む Certificate III の典型的なトレーニング期間) 
Certificate IV (AQF レベル 4)
目的  技能職や継続学習における様々な状況下で広範囲の専門知識と専門スキルを適用する能力の習得
知識  専門分野の仕事や学習面における、広範の事実的、専門的、手続き的、理論的な知識 
スキル
  • 多くの情報源からの情報をもとに、特定、分析、比較し行動するためのスキル
  • 非定型業務や不測の事態に対して技術的解決法を適用、伝達するためのスキル
  • 定型、非定型業務を遂行するための専門的技術スキル
  • 仕事や学習面の専門領域において、指導や技術的な提案をするためのコミュニケーションスキル
知識/スキル適用
  • 既知の状況や変化する状況下での専門業務で適用
  • 自身の役割と成果に対する責任を果たすことができ、組織の他のメンバーに対しても限定的な責任を果たすことができる
  • 他のチームメンバーの生産性や生産高に対する限定的な責任を果たすことができる
期間 6ヵ月~2年(AQFが見込む Certificate IV の典型的なトレーニング期間) 
Diploma (AQF レベル 5)
目的  高度技能職や準専門職、継続学習における様々な状況下で、技術的、理論的な統合概念を適用する能力の習得
知識  ある分野の仕事や学習面のいくつかの深い領域における専門的、理論的知識と概念 
スキル
  • 多くの情報源からの情報をもとに、特定、分析、総合し行動するためのスキル
  • 予測不能な問題や管理要求事項への着手方法の分析、計画、設計、評価をするためのスキル
  • 見解や観点を表現するための専門技術的、創造的なスキル
  • 知識や専門スキルを伝達し、理解度を証明するスキル
知識/スキル適用
  • 既知の状況や変化する状況下でいくつかの深い専門領域で適用
  • 広範な状況で、理論的概念、または専門的、創造的スキルを転移、または適用することができる
  • 個人的責任と自律性をもって複雑な専門作業を遂行し、自身の成果に対する責任を果たすことができる
  • 主導的に判断力を発揮して自分や他のメンバーの仕事をまとめ、チームの仕事を計画、調整、評価することができる
期間 1~2年(AQFが見込む Diploma の典型的なトレーニング期間) 
Advanced Diploma (AQF レベル 6)
目的  高度専門職や準専門職、継続学習における様々な状況下で専門知識を適用する能力を習得
知識  仕事、学習面の1つ以上の分野での深い領域における、専門的、統合技術的、理論的な知識 
スキル
  • 多くの情報源からの情報をもとに、特定、分析、合成し行動するためのスキル
  • 知識や専門スキルを伝達し、特定領域の専門知識の理解度を証明するスキル
  • 複雑な問題への対応を公式化するスキル
  • 見解や観点を表現するための広範囲の専門技術的、創造的、概念的なスキル
知識/スキル適用
  • 変化する状況下において深い専門領域で適用
  • 計画、設計、技術的役割、管理的役割において、多少の指揮下で主導権、決断力を発揮することができる
  • 幅広い基本原理や複雑な技術を既知の、または未知の状況に適応させることができる
  • 広範囲の技術的、管理的や役割において、自身やチームの成果に対する説明義務を果たすことができる
期間 1.5~2年(AQFが見込む Advanced Diploma の典型的なトレーニング期間) 
Graduate Certificate (AQF レベル 8)
目的  専門職や熟練職、継続学習のために一連の知識を広範囲な状況下で適用する能力の習得
知識 

系統的で一貫した知識体系に含まれる専門知識(新規、または既存の学問/職業領域における知識やスキルの習得と適用を含む)

スキル
  • 知識を再検討、分析、統合、合成し、複雑な問題に対する解決法を特定し提供するスキル
  • 批判的に考え、複雑なアイデアを生み出し、見極めるスキル
  • 熟練分野、専門分野における専門技術的、創造的スキル
  • 理論的概念の理解度を証明するスキル
  • 様々な層の聴衆に複雑な知識やアイデアを伝達するスキル
知識/スキル適用
  • 様々な専門的状況での広範な技術的役割、または管理的な役割において高度で自主的な判断を下すことができる
  • 様々な専門技術的、創造的な状況において、幅広い役割を着手、計画、実施、評価することができる
  • 個人の成果、仕事全般、他のメンバーの職務に対して責任と説明義務を果たすことができる
期間 6ヵ月~1年(AQFが見込む Graduate Certificate の典型的なトレーニング期間) 
Graduate Diploma (AQF レベル 8)
目的  専門職や熟練職、継続学習のために一連の知識を広範囲な状況下で適用する能力の習得
知識  系統的で一貫した知識体系に含まれる高度な知識(新規、または既存の学問/職業領域における知識やスキルの習得と適用を含む)
スキル
  • 知識を再検討、分析、統合、合成し、複雑な問題に対する解決法を特定し提供するスキル
  • 批判的に考え、複雑なアイデアを生み出し、見極めるスキル
  • 熟練分野、専門分野における専門技術的、創造的スキル
  • 理論的概念の理解度を証明するスキル
  • 様々な層の聴衆に複雑な知識やアイデアを伝達するスキル
知識/スキル適用
  • 様々な専門的状況での広範な技術的役割、または管理的な役割において高度で自主的な判断を下すことができる
  • 様々な専門技術的、創造的な状況において、幅広い役割を着手、計画、実施、評価することができる
  • 個人の成果、仕事全般、他のメンバーの職務に対して責任と説明義務を果たすことができる
期間 1~2年(AQFが見込む Graduate Diploma の典型的なトレーニング期間) 

VETコースの種類

TAFEや私立専門学校では、非常に広範囲にわたる分野のコースを用意しており、取得できる資格は上に挙げたものの他、高等教育部門に分類される資格が取得できる場合もあります。

 

下のリストはオーストラリアで一般的に提供されているプログラムの一部です。

 

ビジネス分野のトレーニングと資格の種類
Business Services

  • Certificate I in Business 
  • Certificate II in Customer Engagement 
  • Certificate II in Business 
  • Certificate III in Library and Information Services 
  • Certificate III in Business Administration (Education) 
  • Certificate III in Recordkeeping 
  • Certificate III in Business Administration (Medical) 
  • Certificate III in Business Administration (International Education) 
  • Certificate III in Micro Business Operations 
  • Certificate III in Customer Engagement 
  • Certificate III in Business Administration 
  • Certificate III in Business 
  • Certificate III in Business Administration (Legal) 
  • Certificate III in Work Health and Safety 
  • Certificate III in International Trade 
  • Certificate IV in Marketing and Communication 
  • Certificate IV in Recordkeeping 
  • Certificate IV in Purchasing 
  • Certificate IV in Leadership and Management 
  • Certificate IV in Small Business Management 
  • Certificate IV in Library and Information Services 
  • Certificate IV in Human Resources 
  • Certificate IV in Business Sales 
  • Certificate IV in Legal Services 
  • Certificate IV in Environmental Management and Sustainability 
  • Certificate IV in Business 
  • Certificate IV in Franchising 
  • Certificate IV in Business Administration 
  • Certificate IV in Customer Engagement 
  • Certificate IV in International Trade 
  • Certificate IV in Business (Governance) 
  • Certificate IV in Work Health and Safety 
  • Certificate IV in Governance 
  • Certificate IV in New Small Business 
  • Certificate IV in Project Management Practice 
  • Diploma of Customer Engagement 
  • Diploma of Purchasing 
  • Diploma of Leadership and Management 
  • Diploma of Work Health and Safety 
  • Diploma of Governance 
  • Diploma of Franchising 
  • Diploma of Business Administration 
  • Diploma of International Business 
  • Diploma of Marketing and Communication 
  • Diploma of Business (Governance) 
  • Diploma of Human Resources Management 
  • Diploma of Business 
  • Diploma of Legal Services 
  • Diploma of Recordkeeping 
  • Diploma of Library and Information Services 
  • Diploma of Project Management 
  • Diploma of Conveyancing 
  • Diploma of Quality Auditing 
  • Advanced Diploma of Conveyancing 
  • Advanced Diploma of Business 
  • Advanced Diploma of Leadership and Management 
  • Advanced Diploma of Program Management 
  • Advanced Diploma of Work Health and Safety 
  • Advanced Diploma of Management (Human Resources) 
  • Advanced Diploma of Marketing and Communication 
  • Advanced Diploma of Recordkeeping 
  • Graduate Certificate in Leadership Diversity 
  • Graduate Certificate in Management (Learning) 
  • Graduate Diploma of Strategic Leadership 
  • Graduate Diploma of Portfolio Management 
  • Graduate Diploma of Management (Learning) 

 

社会福祉分野のトレーニングと資格の種類
Community Services

  • Certificate I in Active Volunteering 
  • Certificate II in Community Services 
  • Certificate II in Active Volunteering 
  • Certificate III in Education Support 
  • Certificate III in Active Volunteering 
  • Certificate III in Community Services 
  • Certificate III in Early Childhood Education and Care 
  • Certificate III in Individual Support 
  • Certificate IV in Youth Justice 
  • Certificate IV in Child, Youth and Family Intervention 
  • Certificate IV in Community Development 
  • Certificate IV in Disability 
  • Certificate IV in Education Support 
  • Certificate IV in Ageing Support 
  • Certificate IV in Mental Health Peer Work 
  • Certificate IV in Youth Work 
  • Certificate IV in Career Development 
  • Certificate IV in Chaplaincy and Pastoral Care 
  • Certificate IV in Alcohol and Other Drugs 
  • Certificate IV in Community Services 
  • Certificate IV in Social Housing 
  • Certificate IV in Leisure and Health 
  • Certificate IV in Mental Health 
  • Certificate IV in School Age Education and Care 
  • Certificate IV in Employment Services 
  • Certificate IV in Celebrancy 
  • Certificate IV in Coordination of volunteer programs 
  • Diploma of Counselling 
  • Diploma of Mental Health 
  • Diploma of Early Childhood Education and Care 
  • Diploma of Financial Counselling 
  • Diploma of School Age Education and Care 
  • Diploma of Leisure and Health 
  • Diploma of Child, Youth and Family Intervention 
  • Diploma of Alcohol and Other Drugs 
  • Diploma of Community Services 
  • Diploma of Youth Justice 
  • Diploma of Youth Work 
  • Diploma of Community Development 
  • Advanced Diploma of Community Sector Management 
  • Graduate Certificate in Client Assessment and Case Management 
  • Graduate Certificate in Career Development Practice 
  • Graduate Certificate in Statutory Child Protection 
  • Graduate Diploma of Relationship Counselling 
  • Graduate Diploma of Family Dispute Resolution 

情報通信分野のトレーニングと資格の種類
Information and Communication Technology

  • Certificate I in Information, Digital Media and Technology 
  • Certificate II in Telecommunications Technology 
  • Certificate II in Information, Digital Media and Technology 
  • Certificate II in Telecommunications Network Build and Operate 
  • Certificate III in Telecommunications Digital Reception Technology 
  • Certificate III in Information, Digital Media and Technology 
  • Certificate III in Telecommunications Network Build and Operate 
  • Certificate III in Telecommunications Rigging Installation 
  • Certificate III in Telecommunications Technology 
  • Certificate IV in Digital and Interactive Games 
  • Certificate IV in Telecommunications Engineering Technology 
  • Certificate IV in Information Technology Networking 
  • Certificate IV in Computer Systems Technology 
  • Certificate IV in Programming 
  • Certificate IV in Telecommunications Network Design 
  • Certificate IV in Information Technology Testing 
  • Certificate IV in Systems Analysis and Design 
  • Certificate IV in Digital Media Technologies 
  • Certificate IV in Information Technology Support 
  • Certificate IV in Information Technology 
  • Certificate IV in Web-Based Technologies 
  • Diploma of Information Technology Networking 
  • Diploma of Telecommunications Planning and Design 
  • Diploma of Digital and Interactive Games 
  • Diploma of Telecommunications Engineering 
  • Diploma of Database Design and Development 
  • Diploma of Website Development 
  • Diploma of Information Technology Systems Administration 
  • Diploma of Systems Analysis and Design 
  • Diploma of Information Technology 
  • Diploma of Digital Media Technologies 
  • Diploma of Software Development 
  • Advanced Diploma of Network Security 
  • Advanced Diploma of Information Technology 
  • Advanced Diploma of Computer Systems Technology 
  • Advanced Diploma of Telecommunications Network Engineering 
  • Advanced Diploma of Information Technology Business Analysis 
  • Advanced Diploma of Information Technology Project Management 
  • Graduate Certificate in Information Technology and Strategic Management 
  • Graduate Certificate in Telecommunications 
  • Graduate Certificate in Information Technology Sustainability 
  • Graduate Certificate in Telecommunications Network Engineering 
  • Graduate Diploma of Telecommunications Network Engineering 
  • Graduate Diploma of Telecommunications and Strategic Management 

スポーツ,レクリエーション分野のトレーニングと資格の種類
Sport, Fitness and Recreation

  • Certificate I in Sport and Recreation 
  • Certificate II in Sport and Recreation 
  • Certificate III in Aquatics and Community Recreation 
  • Certificate III in Sport and Recreation 
  • Certificate III in Fitness 
  • Certificate IV in Sport and Recreation 
  • Certificate IV in Fitness 
  • Diploma of Sport and Recreation Management 
  • Diploma of Fitness 

 

旅行/接客分野のトレーニングと資格の種類
Tourism, Travel and Hospitality

  • Certificate I in Hospitality 
  • Certificate I in Tourism (Australian Indigenous Culture) 
  • Certificate II in Tourism 
  • Certificate II in Asian Cookery 
  • Certificate II in Holiday Parks and Resorts 
  • Certificate II in Hospitality 
  • Certificate II in Kitchen Operations 
  • Certificate III in Hospitality (Restaurant Front of House) 
  • Certificate III in Commercial Cookery 
  • Certificate III in Tourism 
  • Certificate III in Holiday Parks and Resorts 
  • Certificate III in Catering Operations 
  • Certificate III in Events 
  • Certificate III in Patisserie 
  • Certificate III in Guiding 
  • Certificate III in Travel 
  • Certificate III in Asian Cookery 
  • Certificate III in Hospitality 
  • Certificate IV in Catering Operations 
  • Certificate IV in Commercial Cookery 
  • Certificate IV in Patisserie 
  • Certificate IV in Holiday Parks and Resorts 
  • Certificate IV in Asian Cookery 
  • Certificate IV in Guiding 
  • Certificate IV in Travel and Tourism 
  • Certificate IV in Hospitality 
  • Diploma of Hospitality Management 
  • Diploma of Event Management 
  • Diploma of Holiday Park and Resort Management 
  • Diploma of Travel and Tourism Management 
  • Advanced Diploma of Hospitality Management 
  • Advanced Diploma of Travel and Tourism Management 
  • Advanced Diploma of Event Management 

 

その他のトレーニングと資格の種類

金融、調理、教育、デザイン、アート、エンジニアリング、建築、農林水産、看護などをはじめ、70以上の分野にわたって1,500種類以上の資格コースが登録されています。

 

トレーニングコースの構成

各トレーニングコースは、特定の能力単位(Unit)によって構成されており、規定された全ての単位を修了すると、その資格(Qualification)を取得することができます。単位には必須科目と選択科目があり、すべての必須科目と規定数の選択科目を習得する必要があります。

 

下の例は、Certificate II in Hospitality のプログラム構成例です。

 

Certificate II in Hospitality の構成単位(例)

コード 必須科目 タイトル
BSBWOR203 Work effectively with others
SITHIND002 Source and use information on the hospitality industry
SITHIND003 Use hospitality skills effectively
SITXCOM002 Interact with customers
SITHIND002 Show social and cultural sensitivity
SITXWHS001 Participate in safe work practices
コード 選択科目 タイトル
SITHFAB002 Provide responsible service of alcohol
SITHCCC003 Prepare and present sandwiches
SITHFAB004 Prepare and serve non-alcoholic beverages
SITHFAB005 Prepare and serve espresso coffee
SITHCCC002 Prepare simple dishes
SITXFSA001 Use hygienic practices for food safety

 

この例はTAFE Brisbaneで実際に提供されているプログラムで、カフェ/バリスタに焦点を絞った、Certificate II in Hospitality 資格コースとなっています。同じ資格コースでも学校や時期によって選択科目の構成が異なることも多々あります。また、プログラムの構成や各単位の内容は見直しや改訂が行われ、コードやタイトルも変更されることがあります。

 

バリスタ・コースの例

上に挙げた Certificate II in Hospitality 資格のようなプログラムを構成する各単位は、それだけで資格の一部として使用することも可能です。単位を修得すると修了証(Statement of Attainment)が授与され、トレーニングを受けている証明となります。バリスタ・トレーニングのメインの単位は、SITHFAB005 Prepare and serve espresso coffee ですが、この単位を修了しただけでもバリスタのトレーニングを修了した証明になり、以下のような修了証が発行されます。

 

Statement of Attainment - Baristta

 

ただし、SITHFAB005 Prepare and serve espresso coffee のトレーニングに参加する前条件として、SITXFSA001 Use hygienic practices for food safety を修了している必要がありますので、こちらの単位取得も必要になります。

 

同様に、RSA(アルコール取扱)に関しては、SITHFAB002 Provide responsible service of alcohol のトレーニングのみを受けていれば、RSAの修了証(Statement of Attainment)が発行されます。この単位は参加前条件はありませんので、1つの単位だけの取得で十分となります。ただし、留学生がこういったトレーニングを受ける場合には、参加前に一定レベル以上の英語力が要求されますので、数週間の英語コースが組み合わされたパッケージになっているのが一般的です。

 

習得した単位は、別の資格の構成要素となっていることもあります。別の学校で継続的にトレーニングを受ける場合、あらかじめ他のトレーニング機関で習得した単位を認定してもらうこともできます。ただし期間が長く空いていたりすると、単位の認定基準が変わっていることもありますので、取り直す必要がある場合もあります。

 

USI(Unique Student Identifier)登録

オーストラリアでは毎年400万人もの人がVETトレーニングを受けています。かつてはトレーニングを受けた人が、個々に自分の習得したトレーニングの記録を保管しておく必要がありました。しかし、2015年1月1日から導入されたUSI(Unique Student Identifier)と呼ばれる学生番号制度により、個々のトレーニング記録が政府主導のもとオンライン管理されることとなりました。

 

登録訓練機関(RTO)による政府認定トレーニングを受ける際には必ず USI が必要となりますので、TAFE に入学する場合や、その他専門学校などで、RSA(アルコール取扱)やRSG(ギャンブル取扱)、バリスタ・トレーニングなど受ける場合は USI を取得しておく必要があります。

USIは10桁の数字とアルファベットの組み合わせからなる番号(例: 3AW88YH9U5)で、一生同じ番号が使われることになります。USIのオンラインアカウントには、2015年1月以降に受けた政府認定トレーニング記録が保存されます。就職やさらなるトレーニングを受ける際にトレーニング記録が必要となることがありますが、オンラインで容易にアクセスすることができるようになりました。

USI Logo

オーストラリアの学生同様、留学生も政府認定トレーニングを受ける場合にはUSIを取得する必要があります。USIの申請は、政府公式サイト(https://www.usi.gov.au/)から無料で行うことができます。ただし、オーストラリアに入国してからでないとオンライン申請することができませんのでご注意ください。 

 

詳しくは、USIの申請方法のページをご確認ください。