オーストラリア留学&ワーキングホリデーサポート

オーストラリアの自動車保険とロードサービス

自動車事故

 

日本と同様、オーストラリアでも自動車を所有する際には、万が一に備えて自動車保険に加入することを強くお勧めします。長期留学やワーキングホリデーで車を持っている人の中には、任意保険に未加入の人もいるようですが、自分が気を付けていても事故に巻き込まれる可能性はありますし、事故の損害賠償で資金が無くなって帰国、などという事態を避けるためにも最低限の保険には加入しておいた方が良いでしょう。

 

ここではオーストラリアの自動車保険やロードサービスについての基本的な情報をご紹介します。

 

CTP保険

日本では自動車を運行する場合には自賠責(自動車損害賠償責任保険)への加入が法律で義務付けられていますが、オーストラリアにも同様の強制加入の保険があり、CTP保険(Compulsory Third Party Insurance)と呼ばれています。車両の新規登録、登録更新の際に強制的に加入させられます。

 

CTP保険は日本の自賠責と同じように人身損害についての保険ですが、大きな違いは日本の自賠責には限度額が定められているのに対し、CTP保険には限度額の設定はなく、個々のケースに応じて妥当な保険金が支払われることになります。

 

Compulsory Third Party Insurance を直訳すると「強制第三者保険」ということになりますが、この場合の "First Party" は事故を起こした「運転手」を指し、"Second Party" は「保険会社」で、"Third Party" は人身損害を被った「被害者」という位置付けとなります。

 

CTP保険はニューサウスウェールズ州では Green Slip(グリーンスリップ)とも呼ばれていますが、各州によってルールが若干異なります。ほとんどの州では車両登録料(Registration Fee)の中にCTP保険料が組み込まれていますが、首都特別地域(ACT)、NSW州、QLD州では、CTP保険会社を選択することができます。ただし、保険会社が違っても対人賠償の内容は変わりません。保険会社によって異なるのは、保険料、事故を起こした運転手自身に対するカバー、または任意保険の割引といった特典などです。

 

任意保険

強制加入のCTP保険で対人賠償はカバーされますが、これだけでは対物についてはカバーされませんので、万が一事故を起こしてしまった場合や、事故に巻き込まれてしまった場合など、高額の出費を強いられるリスクは残ります。

 

対物賠償については任意保険に加入することによりカバーする必要があり、以下の2種類に大別することができます。

  • 対物賠償保険
  • 総合自動車保険(車両保険込み)

 

対物賠償保険 - Third Party Property Insurance

対物賠償保険(Third Party Property Insurance)は、他人の車や所有物に対する賠償保険で、自分の車の損害についてはカバーされませんが、最低限これだけでも加入しておけば、事故の賠償責任によって破産してしまうなどといった最悪の事態はほぼ回避することができます。

 

自動車保険を提供する保険会社はたくさんありますが、対物賠償の限度額は$20Mとしているものが一般的ですので、ほぼ無制限と考えてよさそうです。また保険未加入の車との事故に巻き込まれた場合、自分の車に対しても$5,000までカバーされるものも多くみられます(2016年現在)。

 

火災・盗難保険(Fire & Theft Cover)の追加

対物賠償保険にはオプションで火災・盗難保険を追加することができ、自分の車に対しても、火災と盗難について保険が適用されます。ただし、保険会社によって限度額が設定されている場合もありますので、加入の際にはしっかり確認した方がよいでしょう。

 

総合自動車保険 - Comprehensive Car Insurance

対物賠償保険、火災・盗難保険と車両保険がすべて組み合わさった保険です。その分保険料は高くなりますが、安心の度合いは大きくなります。車両保険を利用する場合には Excess と呼ばれる免責金額を支払う必要があります。加入時にExcessの額を高く設定すれば保険料は安く抑えることができ、逆にExcessが低いと保険料は高くなります。

 

レンタカー・オプション

オーストラリアでは、車を修理に出す際に代車は与えられないのが普通で、その間必要であればレンタカーを借りることになります。例え事故の過失が100%相手側にあってもレンタカー代までは補償されませんので、必要であれば、保険の特約を追加することにより、修理の際には格安、あるいは無料でレンタカーが借りられるようになります。

 

フロントガラス(Windscreen)

走行中の飛び石などでフロントガラスやその他の窓ガラスが割れたり、ひびが入ってしまった場合、Excessを払うことなく交換・修理してもらうことができる特約などもオプションで用意されているのが一般的です。 

 

ロードサイド・アシスタンス・オプション

多くの保険会社では総合自動車保険にロードサービスをオプションで追加することも可能です。

 

保険会社と保険料

オーストラリアにはたくさんの保険会社がありますが、補償内容やオプション、保険料などは様々です。加入の際は、数件の見積もりをとって比較をしてから判断するのが良いでしょう。または身近な人たちに評判を聞いたり、保険ブローカーを利用するという方法もあります。

 

保険料は様々な要素から計算されて決められますが、金額を左右する大きな要因としては、ドライバーの年齢、運転歴、事故歴、Excessの金額、車種、年式などが挙げられます。

 

主要な保険会社

オーストラリアでは4大銀行(ANZCommonwealthNABWestpac)およびその他の銀行や、各州の自動車クラブ(NRMARACQRAARACTRACVRAC)、郵便局(Australia Post)、大手スーパーマーケット(ColesWoolworths)、その他以下の保険会社をはじめとする何十もの会社が自動車保険を提供しています。

 

ロードサービス/ロードサイド・アシスタンス

自動車の故障やトラブルの際に役立つのがロードサービスで、ロードサイド・アシスタンス(Roadside Assistance)とも呼ばれています。日本と同様、オーストラリアでも保険会社がロードサイド・アシスタンスを提供する場合もありますし、日本のJAF(日本自動車連盟)のような機関の会員になることにより、サービスを受けることもできます。

 

日本のJAF(Japan Automobile Federation)に相当するのが、AAA(Australian Automobile Association)ですが、AAAは各州の自動車クラブにより構成されています。いずれかの会員になることにより、他州でのサービスを受けることも可能です。

 

なお、オーストラリアの運転免許所持者が国際免許を取得する際は、その州の自動車クラブで発行してもらいます。

 

各州の自動車クラブ

ニューサウスウェールズ(NSW)州

NRMA  
NRMA (National Roads and Motorists' Association)

https://www.mynrma.com.au/

 

ノーザンテリトリー(NT)準州

AANT  
AANT (Automobile Association of the Northern Teritory)

http://aant.com.au/

 

クイーンズランド(QLD)州

RACQ  
RACQ (Royal Automobile Club of Queensland)

http://www.racq.com.au/

 

南オーストラリア(SA)州

RAA  
RAA (Royal Automobile Association of South Australia)

http://www.raa.com.au/

 

タスマニア(TAS)州

RACT  
RACT (Royal Automobile Club of Tasmania)

http://www.ract.com.au/

 

ビクトリア(VIC)州

RACV  
RACV (Royal Automobile Club of Victoria)

http://www.racv.com.au/

 

西オーストラリア(WA)州

RAC  
RAC (Royal Automobile Club of Western Australia)

https://rac.com.au/