オーストラリア留学&ワーキングホリデーサポート

留学/ワーキングホリデー お金の持って行き方

Australian 1 dollar coin

 

留学、ワーキングホリデーでオーストラリアにお金を持って行く方法はいくつかありますが、場合によっては高額な送金手数料や換金手数料が取られることもあります。それぞれのメリット、デメリットを考えて、自分に合った方法を見つけてください。 

 

現金

日本円

紛失や盗難にあった場合、戻ってこないというリスクがありますが、最もシンプルな方法です。到着時に必要となる分だけを日本国内で両替えし、残りの日本円はオーストラリアに到着してから両替するのが良いでしょう。現金の形で多量のお金を持ち歩くことはお勧めできませんが、もし$10,000以上の現金を持ち込む場合は入国の際に申告が必要となります。


クレジットカード

クレジットカード

オーストラリアは日本と比べて圧倒的にカードの利用率が高いです。スーパー、ガソリンスタンド、コンビニ、レストラン以外にも様々な店舗でクレジットカードが利用できます。特にVISA、MasterCardであれば、ほとんどのお店で利用できます。クレジットカードによっては提携するATMでキャッシングも可能です。ただし、ATM設置銀行側の手数料がかかること、1日当たりの限度額があることなどの注意も必要です。


国際キャッシュカード

VISA PLUS, MasterCard Cirrus

国際キャッシュカードは、日本で銀行口座に預けているお金を引き出すのと同じような感覚で、オーストラリアのATMで、オーストラリアドルを引き出すことができます。国際キャッシュカードにはPlusやCirrusのマークが書かれており、これらのマークがあるオーストラリアのATMで引き出しができます。こちらもATM設置銀行側の手数料がかかること、1日当たりの限度額があることなどの注意も必要です。


キャッシュパスポート

キャッシュパスポート

お財布のような海外専用プリペイドカードです。海外のMasterCard加盟店でデビットカードとして利用、また海外210カ国のMasterCardのATMからも現地通貨を引き出すことが可能です。日本国内のATMやインターネットバンキングからいつでも再入金が可能なので、緊急時用に持っておくと便利です。 詳しくはキャッシュパスポート公式サイト(http://www.jpcashpassport.jp/)をご確認ください。


海外送金

海外送金

海外送金は、日本の銀行口座からオーストラリアの銀行口座へお金を振り込む方法です。送金先の事前登録が必要なことが多く、オーストラリアで銀行口座を開設してから海外送金する予定の人は、事前登録用紙を持参し、口座を開いてから日本の金融機関に送りましょう。インターネットや電話でも取引可能な銀行もあり、比較的簡単に海外送金ができます。KVBの送金サービスがお得なようです。詳しくはKVB公式サイト(http://www.kvbkunlun.com/jp/)をご確認ください。


その他の方法

ビットコイン

インターネット上で普及している仮想通貨「ビットコイン」により、格安で海外送金をすることが可能なようです。オーストラリアは仮想通貨に寛容ですが、国によっては、法律で制限が加えられている場合もあります。またビットコインそのものは安全であると言われていますが、マウントゴックス事件でネガティブな印象も残っています。海外送金の方法として今後期待されますが、まだ一般の人々に広く勧められる方法ではありませんので、ご利用される場合はリスクを十分理解した上で行ってください。