オーストラリア留学&ワーキングホリデーサポート

ホリデージュニアプログラム(2018年)

Sun Pacific College - Junior Program

ホリデー・ジュニア・プログラム

Holiday Junior Program

ホリデー・ジュニア・プログラムは、オーストラリア文化を体験しながら英語を学びたいという子供たちのための2週間のプログラムです。

 

オーストラリアの中でもケアンズは気候が温暖であり治安が良く、若年留学に適した環境が整っています。

 

ケアンズの利点
  • 恵まれた自然
  • 出生率の高い子供の多い都市(教育熱心)
  • 国際都市(オーストラリア人だけでなく他国からの留学生も多い)
  • 治安の良さ
  • スポーツ・文化等の施設の多様さ(子供のための無料施設なども多い)
  • 経済的(他のオーストラリアの都市と比べて物価が安い)
SPC Holiday Junior Program

プログラム内容

コース料金

$2,500

含まれるもの

入学金,ESL(英語を母国語としない人向けの英語授業, 3時間 x 8日),アクティビティ,ホームステイ手配料, ホームステイ(シェア),ホストファミリーによる送迎(徒歩圏外の場合),食事(3食/日),空港送迎,ガーディアンシップ料,SPC Notebook(英語日記帳),SPC Tシャツ

追加料金

シングルホームステイ: $400

お子様1人旅サポート(Unaccompanied Minor): $400(往復)

期間

2週間

開始日

2018年 7月9日,7月23日,8月6日,8月20日

お申し込み条件

12 ~ 17歳(中学生、または高校生)

ビザの種類

ETA(観光ビザ)

スケジュール
  • 週12時間のESL
  • 週4日間の半日アクティビティ
  • 週1回の終日アクティビティ
  • 週末はホストファミリーとの自由滞在
持ち物 筆記用具,ノート, 辞書,日焼け止め,水着,タオル,石鹸・シャンプーなど,傘,帽子,酔い止め(必要な場合),カメラ(希望者),お小遣い
お願い

特別なケアやサポートを必要とされる場合は事前にご連絡ください。できる限りのサポートをさせていただきます。

サンプルスケジュール

SPC Holiday Junior Program - Sample Schedule

* 天候やその他の都合によりアクティビティの内容が変わることもございます。

ホームステイ

含まれるもの ホストファミリーによる空港往復送迎,毎日3食,平日はホストファミリーによりサンパシフィックカレッジへ送迎
滞在の形態 1家庭に2名の滞在手配が基本となります。シングル手配(1家庭1人)をご希望の方は、$400の追加料金が発生します。
メリット
  • 英語に触れる時間の延長。授業で学んだことを家で実施することで使える英語が身につきます。
  • 現地で生活するファミリーと寝食をともにすることにより、リアルなオーストラリア生活を体験することができます。
  • サンパシフィックカレッジまでホストファミリーの送迎が付きます。
原則
  • 滞在期間中、貴重品は留学生自身で責任を持って管理をしてください。スーツケースに鍵をした状態での保管を推奨します。
  • ベッドメーキング、部屋の整理整頓、掃除などは留学生自身で責任を持って行うようにしてください。出国までに自宅でのトレーニングを行うことを推奨します。
  • 夕食後ホームステイ先から一人で外出してはいけません。
  • 留学生はファミリーの許可なくインターネットを使用してはいけません。
  • 留学生は日本からの携帯並びにタブレット、PC の使用はできません。
心得
  • 留学生はホームステイ先にお客様としてではなく、家族の一員として受け入れられます。
  • ホストファミリーには、留学生が宿泊するためのお部屋の提供、規定回数の食事の提供義務があります。( 通学先までの行き帰りの説明、道案内を含む。なお徒歩圏外の場合は送迎の義務が発生する場合もあります)それ以外の留学生との外出同行や家庭内外アクティビティは、全てファミリーの厚意によって行われるものです。
  • オーストラリアでは家庭ごとにその構成人数、人種、家庭内ルール、食文化等に様々な違いがあります。
  • オーストラリア一般家庭の食事は大変簡単なものです。例えば用意してくれるランチがスナックバーとリンゴということも珍しくありません。(その家庭では自分の子供にも同じものをランチとして持たせています)アレルギーを除き、食べ物について好き嫌いは言わず、感謝してしっかりと食べるようにしましょう。
  • オーストラリアでは水は大変貴重でありシャワーの時間が10分を過ぎると注意されることがあります。シャワーは手短に済ませ、水は大切に使いましょう。