オーストラリア留学&ワーキングホリデーサポート

おみやげ屋の仕事

おみやげ屋の仕事 体験談 英語で接客中のYayoiさん

 

お土産屋さんの仕事は、留学生やワーキングホリデーの人たちが選ぶ仕事先として最も多い職種の1つです。オーストラリアは観光大国ですので、観光業には欠かせないお土産物販売の仕事はたくさんあります。とは言っても世界中から訪れる観光客を相手にする仕事ですので、それなりの言語能力は要求されます。

 

オーストラリア政府統計局によると、2016年8月までの1年間にオーストラリアを訪れた海外旅行者は、ニュージーランドから133万人、次いで中国(香港含まず)から117万人、イギリスから71万人、アメリカから68万人、日本から39万人だったそうです。

 

観光業界の仕事は英語以外の言葉も話せる人が優遇されますので、上の数字からもお分かりのように、最近は中国語を話せる人の求人が増えています。日本からの観光客数は、1996年、1997年には80万人を超えていたのですが、現在はその半分に減っています。

 

日本人観光客の数がピーク時から減ったとは言っても、依然としてトップ5にランキングされていますので、日本語が話せるスタッフの需要はまだあります。特に日本人経営のお店などは、採用のハードルが若干下がります。ただし時期によって希望者が多い場合などは、やはり経験や英語力のある人が優先されますので、できるだけ英語力は高めておくのが良いでしょう。

 

下の体験談は、ワーキングホリデーのセカンドビザで働いているやよいさんの体験談です。ご本人は英語力には自身がないと仰っていますが、写真撮影時はこの店舗を一人で任されており、英語での接客でしっかり販売されていました。 

 

ヤヨイさんの体験談

仕事は、オーキッドプラザの掲示板で見つけました。

仕事内容は、主に接客、あと在庫チェックや補充などです。

1号店は、ホホバオイル、コスメや雑貨、アクセサリー、お菓子類など販売になります。お客様は、外国の方やローカルの方もいますがやはり日本人が多いです。

2号店はコーヒー、紅茶の専門店で日本人、外国の方やローカルの方も多いです。 なので、外国の方にも商品説明する事が多いです。

 

日本でも販売経験がなかったのですが、しっかりトレーニングをしてもらいました。

初めは商品の知識など覚える事が沢山あり、毎日必死でした。

ホホバオイルやコーヒーの知識など、全くなかったのですが勉強すればするほど興味が湧き、今まで普段オイルなどを使った事がなかったのですが、ホホバオイルを買いました!笑

当店一押しのキュランダコーヒーは、日本の両親に送ったりもしました。

 

日本でも私自身、買い物中ガッツリ接客をされるのが苦手で、接客しながらお客様の気持ちがよく分かる時があります。

だからこそどうしたら心を開いてくれるだろうか?自分だったら。。?と考えさせられたり、なかなか売れず自分の接客に自信がなくなったりする時もありました。

 

お客様と色んな雑談をしたり、お客様が探しているものを一緒に探したり、私自身もすごく楽しいです。

ケアンズには沢山のお土産屋さんがある中からこの店を選んで頂いていい買い物出来たよ、ありがとうなど言って頂いたときは本当にやりがいがあります。

 

もちろん売る事も大事ですが、楽しい雰囲気作り、 この人と話してて楽しいな。商品を買うならぜひこの人から買いたい!って思われる人になりたいです。

 

ちょうど8月からお仕事始め約2カ月。

日本人オーナー、日本人スタッフと言う事もあって、1から丁寧に教えて頂き、沢山ルールなどはありますがそのお陰でやはり気持ちよく働く事が出来ています。ここで働けて本当に良かったです。

 

英語力は、全然自信ないです!笑

オーストラリアにワーキングホリデー来たのが2年前で、1年目が終わり帰国し、1年日本で過ごし3ヶ月前にケアンズスタートで2ndワーキングホリデーが始まったところです。

 

ワーキングホリデー1年目に1ヶ月語学学校に行き、そのあとシドニーやタスマニアなど旅をしながら2nd ワーキングホリデービザ取得のためにファームジョブをしていました。語学学校は、メルボルンでたったの1ヶ月しか行っていないです。クラスは、1番下のクラスで日本人は私ともう一人だけでした。 あとはコロンビア人ばかりでした。

毎週クラスメイトが増えるので、卒業するころには色んな国籍の人が居ました。

 

英語力は、1ヶ月では伸びません。友達作りにいったようなものでした。

でも、恥ずかしがらずに伝えることが大事なんだなって感じました。

 

勉強方法は、まず簡単なフレーズを少しずつ覚えたり、バスや電車、ショッピングで人が話しているのを聞いたりします。

あと、洋画が大好きなのでとにかく字幕で見て使えそうなフレーズなどチェックしたり、 大好きな洋楽の歌詞をノートに書いて、単語を調べて歌詞の意味を訳したりもしていました。

 

私は、飽き性なので興味があることでないと、長続きしない性格です。

1番長続きしたのは、洋画見たり、洋楽の歌詞を訳するのが1番長続きしました。

最近は、全くやっていませんが。。。

 

関連ページ