オーストラリア留学&ワーキングホリデーサポート

建設現場での仕事に欠かせないホワイトカードとは?

建設現場の安全装備

 

オーストラリアの建設現場で働くにはホワイトカードが必要です。ホワイトカードとは、正式には "General Safety Induction Card" と呼ばれ、安全講習を修了した者が取得できる修了証のことです。ホワイトカードの「ホワイト」は、カードの色からそう呼ばれています。かつては各州ごとにカードの色はまちまちでした(QLD州やWA州ではブルーカード、NSW州ではグリーンカード、VIC州ではレッドカードなど)が、2009年に全国で統一され、ホワイトカードと呼ばれるようになりました。建設現場に関わる法律は各州ごとに異なりますが、このホワイトカードは全国共通で通用します。建設現場の仕事は、住宅建築、土木作業、改装・改修工事などが含まれ、現場で作業・監督を行うすべての人が対象となります。

 

何も資格を持っていなくても、ホワイトカードがあれば現場作業員(Labourer)として専門知識を要しない作業や荷物運び、掃除などの仕事をすることが可能です。留学生やワーキングホリデーのアルバイト探しにも役立ちますので、興味のある方はぜひカード取得を検討してみてください。建設現場での仕事について詳しくは、以下のページをご確認ください。

 

安全講習の内容

ホワイトカードを取得するためには登録訓練機関(RTO)で安全講習(General Safety Induction)を受ける必要があります(登録訓練機関については、職業教育訓練のページをご参照ください)。講習は通常1日(5時間程度)で、オンライン講習を提供している機関もあります。

 

安全講習の内容は、以下の1つの能力単位(unit of competency)のみからなります。

 

CPCCOHS1001A - Work safely in the construction industry

 

この講習に参加するために必要な学歴/職歴条件などは特にないのですが、最低限の言語、識字、算数能力が必要とされます。この講習は特に海外からの留学生やワーキングホリデーの人を対象としたものではなく、地元のオーストラリア人が受講することを想定しています。申込み時に英語の試験や英語力の証明は必要ありませんが、それなりの英語力(中級以上)がないと、講習を受けても修了証/ホワイトカードをもらえない可能性もあります。建設用語や道具や装備の名称など、普段聞きなれない単語がたくさん使われますので、語彙力(ボキャブラリー)も多少要求されます。講習は以下の4単元から構成されています。

 

1. 労働安全衛生に関する法的要求事項の確認
Identify OHS legislative requirements

Performance Criteria

1.1. Applicable OHS legislative requirements relevant to own work, role and responsibilities are identified and explained.

1.2. Duty of care requirements are identified.

1.3. Own responsibilities to comply with safe work practices are identified and explained.

 

達成基準

1.1 自分自身の仕事や役割、責任について、該当する労働安全衛生に関する法的要求事項を示し、説明することができる。

1.2 注意義務の要求事項を示すことができる。

1.3 安全な作業実施要件を満たすための自分自身の責任について示し、説明することができる。

 

2. 建設上の危険および抑制手段の確認
Identify construction hazards and control measures

Performance Criteria

2.1. Basic principles of risk management are identified.

2.2. Common construction hazards are identified and discussed.

2.3. Measures for controlling hazards and risks are identified.

 

達成基準

2.1 リスク管理の基本原則を示すことができる。

2.2 通常の建設上の危険を示し、話し合うことができる。

2.3 危険要因および危険性を抑制する手段を示すことができる。

 

3. 労働安全衛生上の連絡および報告手順の確認
Identify OHS communication and reporting processes

Performance Criteria

3.1. OHS communication processes, information and documentation are identified and discussed.

3.2. Role of designated OHS personnel is identified and explained.

3.3. Safety signs and symbols are identified and explained.

3.4. Procedures and relevant authorities for reporting hazards, incidents and injuries are identified.

 

達成基準

3.1 労働安全衛生上の連絡手順、情報、書類を示し、話し合うことができる。

3.2 労働安全衛生担当者の役割を示し、説明することができる。

3.3 安全標識やシンボルを示し、説明することができる。

3.4 危険要因、事故や負傷を報告する手順および、関連当局を示すことができる。

 

4. 労働安全衛生上の事故対応手順の確認
Identify OHS incident response procedures

Performance Criteria

4.1. General procedures for responding to incidents and emergencies are identified and explained.

4.2. Procedures for accessing first aid are identified.

4.3. Requirements for the selection and use of relevant personal protective equipment are identified and demonstrated.

4.4. Fire safety equipment is identified and discussed.

 

達成基準

4.1 事故および緊急時の対応の一般手順を示し、説明することができる。

4.2 ファーストエイドの利用手順を示すことができる。

4.3 適切な個人用保護具(PPE)の選択と用法に関する要求事項を示し、実演することができる。

4.4 火災安全機器を示し話し合うことができる。