オーストラリア留学&ワーキングホリデーサポート

オーストラリア短期語学留学ガイド

短期語学留学

 

短期留学の期間に定義はありませんが、オーストラリアでは3ヵ月以内であれば学生ビザを取得せずに留学できるため、ここでは3ヵ月以内の留学を短期留学と呼ぶことにします。

 

学校や仕事の休暇を利用して、ちょっとした海外生活を体験したり、日頃の英会話の勉強の成果を確認したり、海外の友達を作りたいという方には最適です。また、長期留学をする前の体験留学として短期留学をされる方もいます。

 

短期語学留学だけで英語力を大幅に高めるのは難しいので、事前にしっかりと基礎を身に付けておくのが良いでしょう。短期留学がきっかけで帰国後の英語学習のモチベーションが上がり、後から効果が表れることもあります。また滞在中に学生ビザを取得し、長期留学に切り替えるなどという選択肢もあります。

 

短期語学留学で申し込む語学学校では、留学生向けの各種英語コースを開講しています。オーストラリアではこれらのコースを総称してELICOS(English Language Intensive Courses for Overseas Students)と呼んでいます。

 

短期留学と長期留学の手続き上の違い

短期留学は長期留学と比較して手軽に手配ができるという利点があります。実際のところ、オーストラリアの短期留学と長期留学との間に手続き上どのような違いがあるのかを以下に示します。

 

短期留学

(3ヵ月以内)

長期留学

(3ヵ月以上)

学校、仕事の休暇を利用して行くことができる。  学校を休学/退学、あるいは仕事を辞めて行くことになる。
家を留守にする期間が比較的短いので、帰国後はすぐに元の生活に戻ることができる。 賃貸アパートやマンションの場合は解約し、家財道具を実家などで保管してもらうなどの段取りが必要となる。帰国後の生活は留学前と大きく異なる。
住民票はそのまま。住民税、年金、健康保険料の支払い義務もそのまま継続。 1年以上の長期留学の場合には、役所に転出届を提出することにより、渡航中の国民年金は強制から任意に変わり、国民健康保険は脱退することになる。
電子渡航許可(ETA) で渡航。 学生ビザが必要となる。
留学生健康保険(OSHC)の加入義務なし。 留学生健康保険(OSHC)に加入する必要がある。
受講するコースに関する制約なし。パートタイムコースも受講できる。 政府認定校(CRICOS登録校)の開講する政府認定コースへの入学許可(CoE)が必要。受講できるのはフルタイムコースのみ。
任意で「たびレジ」に登録。 在留届の提出が必要となる。
現地で働くことはできない。 条件付きで現地で働くことが可能。
現地銀行口座を開設する必要なし。 1年以上の長期留学の場合や現地で働く場合は、現地銀行口座を開設するのが一般的。
オーストラリアの納税者番号(タックスファイルナンバー)は必要なし。 現地で働く場合には、タックスファイルナンバーを取得する必要がある。

短期語学留学の流れ

調査/計画

留学する国について

なぜ留学先としてオーストラリアが人気なのか、オーストラリアに留学する利点のページをご確認ください。また、オーストラリア基本情報のページもご参照ください。

 

留学する都市について

オーストラリア都市情報のページをご確認ください。また、外務省海外安全ホームページで最新の現地治安情報を確認しましょう。

 

留学する期間について

英語コースは1、2週間から受講することができます。学校にもよりますが、受講期間が長くなると1週間当たりの授業料が割安になりるのが一般的です。また宿泊施設によっては最短宿泊日数の制限がある場合もありますので確認が必要です。

 

留学費用について

短期留学は費用総額の見積もりが比較的容易です。

  • 出発前にかかる費用: パスポート申請料、航空券、ETA申請料、海外旅行保険
  • 学校の申し込み費用: 入学金、授業料、教材費、(オプション:滞在先手配料、宿泊費、空港送迎料)
  • 現地でかかる費用: 交通費、宿泊費、食費、携帯レンタル料、お小遣い、お土産代、休日のアクティビティ費用など

 

学校について

語学学校一覧のページをご確認ください。また語学学校選びの基準については、学校選びのポイントのページをご参照ください。

 

受講するコースについて

短期語学留学の場合は、多くの人々が「一般英語コース(General English)」を受講します。一般英語コースであればどの語学学校でも開催されていますし、期間もフレキシブルに選ぶことができます。また18歳以上であれば英語力を問わず誰でも参加することができます(18未満でも参加できる一般英語コースもあります)。一般英語コース以外にも、様々な英語コースが開講されています。詳しくは、英語コースの種類のページをご確認ください。

 

滞在スタイルについて

滞在先のスタイルには、ホームステイの他、シェアハウスや学生寮などがあります(留学/ワーキングホリデーでの滞在スタイル参照)。留学生を受け入れている学校は、滞在先と空港送迎の手配を行っています。学校が手配する滞在先は、交通の便や安全面、衛生面など学校の審査基準をクリアしています。

出発前準備

パスポートの用意

海外へ出かけるためにパスポートは必須です。他の手続きの際にもパスポート情報が必要になることがありますので、取得されていない方は時間的余裕をもってパスポートを取得しておくことをおすすめします(申請から受領まで1週間程度かかります)。 

 

パスポートに関する詳しい情報は、外務省公式サイト(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/)をご確認ください。

 

学校の申し込み

My First Step 語学学校お申し込みフォームか、Webお申し込みフォームに必要事項を入力し送信ください。当社にて学校へのお申し込みを代行させていただきます。お申し込み手順も合わせてご確認ください。

 

申し込み期限は?

短期語学留学の場合は手続きが比較的シンプルですので、ご希望のコースが定員に達していなければ、直前でのお申し込みも可能ですが、特別な事情がない限りはコース開始日の1ヵ月前までにはお申し込みを済ませておいた方が良いでしょう。特に人気の高いコースや日本の夏休みの期間などの繁忙期の留学をご検討されている場合には、早めにお申し込みされることをお勧めします。

 

滞在先手配

ホームステイ、学生寮などの滞在先の手配は、学校に依頼することが可能です。学校へのお申し込みの際に合わせてお申し込みください。もちろん、ご自分で宿泊先の手配をすることも可能です。学校との距離や、交通手段を確認してから決めるのが良いでしょう。

 

空港ピックアップの手配

現地の空港に到着した際に宿泊先までの移動手段を確認しておきましょう。滞在先とともに空港送迎の手配も学校に依頼することが可能です。ご自分で宿泊先まで移動する予定の方は、以下のページで交通手段をご確認ください。

 

海外旅行保険加入

万が一に備えて海外旅行保険への加入は必須です。海外旅行保険加入者がキャッシュレスで診察を受けられる診療所(日本語通訳が常勤している所もある)もあります。

 

クレジットカードに付帯する海外旅行保険の補償期限は、一般的に90日間ですので短期留学に適していますが、補償内容や適用条件などを予め確認しておきましょう。カードを持っているだけで自動的に保険が付帯されている「自動付帯」のものと、特定の条件を満たした上でカードを利用したときにのみ保険が付帯する「利用付帯」のものがあり、それを知らなかったためにいざという時に保険が使えないなどということもありますので注意しましょう。

 

クレジットカード/国際キャッシュカードの用意

オーストラリアではクレジットカードの携帯はほぼ必須です。特にレンタカーを借りたり、ホテルなどに宿泊予定の方は、クレジットカードの提示を求められます。念のため2枚以上のカードを持って行くことをお勧めします。 

 

現金はいくら持って行く?

クレジットカードさえあれば現金を全く持っていなくても、困ることはほとんどないでしょう。マーケットなどでは現金払いしか受け付けないところもありますが、仮に現金が必要になった場合でもクレジットカードのキャッシングでオーストラリアドルを用意することも可能です。

 

詳しくは、留学/ワーキングホリデー お金の持って行き方のページをご確認ください。

 

航空券購入

学校の申し込み後に航空券を手配するのが一般的ですが、先に航空券を予約してから学校へ申し込むこともできます。ある程度の時間的余裕をもって手配しましょう。特に日本の夏休み時期などの繁忙期は、早い時点で予約が埋まってしまうこともありますので注意が必要です。

 

どこで買う?

まずは直行便が飛んでいる以下の航空会社の公式サイトで料金をチェックしてみましょう。

次に以下のような格安航空券比較サイトで経由便や料金などを比較し、最終的にどこで航空券を購入するのかを決めるのも良いでしょう。

 

ETA申請

ETAは3ヵ月までの短期観光と短期商用公用目的の方のためのビザで、3ヵ月(12週間)以内の就学が許可されています。日本ではETAS(イータス)と呼ばれることが多いようですが、これはETA System の略です。詳しくは、電子渡航許可(ETA)のページをご確認ください。

 

たびレジ登録

「たびレジ」は外務省の提供するサービスで、日程、滞在先、連絡先などを登録することにより、滞在先の最新の海外安全情報や緊急連絡などが受け取れるシステムです。3ヵ月未満の短期滞在を予定している方のためのサービスで、登録は必須ではありませんが、いざという時のために登録しておくことをお勧めします。

現地到着後

現地到着後は以下のような流れとなりますが、ご不明な点やお困りの点、ご相談などございましたら、My First Step が無料でサポートいたします。

 

空港から宿泊先までの移動

学校を通して空港送迎を手配している場合は、待ち合わせの手順に従います。事前に送迎手配をされていない場合には、タクシーや公共交通機関などを利用し宿泊先まで移動することになります。

 

携帯電話のレンタル

オーストラリアで携帯電話レンタルのページをご確認ください。

 

学校への通学手段

滞在先と学校との位置関係にもよりますが、電車、バス、トラムなどの公共交通機関か、徒歩での通学となります。通学にレンタカーを利用する場合は、駐車場を確認しておく必要があります。

 

入学/コース開始

指定された時間に学校に行き、受付で書類手続きなどを行います。パスポートや筆記用具などの他、学校によって指定されたものをご用意いただきます。ほとんどの学校では初日にレベル確認の試験を行います。

 

コース終了/帰国

学校を通してお帰りの空港送迎の手配をしている場合を除いて、タクシーや公共交通機関などを利用することになります。